売 買

 不動産を購入する、普通の方であれば一生に一度の大イベントと言っても過言ではありません。しかし、不動産の売買にはさまざまな法的知識が必要であり、最悪の場合目的を達成できないことも考えられます。個人の方が一回の取引のためにそのすべてを熟知し、取引を行おうとすることはあまりにも無謀で何より非効率なことです。

ですから一般的には不動産業者が売買の仲介をし、将来発生するであろうトラブルを未然に解決しているわけです。

 

当然ながら、売買の仲介をすれば、その「安全」の対価として相当な「報酬」を支払わなければなりません。不動産売買の仲介をした宅建業者は、法律に則り正当な報酬を受けることになるわけです。


しかし、中には「知人間で不動産を売買したい」なんてケースもあると思います。そういった取引においては、できる限り余計なお金はかけたくないものです。

 

そんな時は、ぜひ当事務所へご相談ください。

お客様にとって最善の方法をアドバイスし、ケースによっては仲介手数料を節約することができるかもしれません。

 

個人間における不動産の売買ならご相談ください。ご連絡をお待ちしております。