会社の設立や変更事項について

司法書士は、会社や各種法人の設立手続きや、役員の変更登記などの商業登記申請を行っています。


■会社・法人の設立

株式会社や合同会社等を設立するときは会社法の専門家である司法書士まで。

 

■役員の変更

役員(取締役・監査役)には必ず任期というものがあり、役員の変更登記をしなければなりません。忘れてしまうと過料という罰金のようなものが会社の代表者に科されます。

 

■本店・目的・商号変更

会社の本店を移転したい。会社の商号が適正か知りたい、会社の目的の適法性を確認したい。

 

■資本増加・資本減少

会社の資本を増やして、対外的な信用をアップさせたい。新会社法となり資本増加の方法も様々です。会社に最適な資本の増加方法をご提案いたします。

 

■会社の印の変更・紛失の届出

会社にも印鑑証明が取得できる印鑑があります。この印鑑は非常に重要なもので、紛失した場合や変更したりするにも管轄の法務局で手続きが必要です。

 

■会社の解散・清算

今まで行なってきた会社の事業を終わらせ、会社というものを終了させるためには解散登記と清算結了登記が必要です。

 

■事業承継

会社経営を長年やられてきて、次代の後継者にその事業をスムーズに承継させたい。

 

■会社顧問司法書士

会社経営に当たって、契約書の作成から売り掛け金の回収など法的判断が必要な場面が多く直面されると思います。